起業で失敗したくない人のための鉄板手順

スムーズな起業にはルールがある

起業をスムーズにしたいと考えている人、もしくは、スムーズに起業をしようと情報を集めたがごちゃごちゃして迷っている人へ

起業は「お店を出せば終わり」と考える人がとても多いです。ネットビジネスでいえば、ホームページやネットショップを作れば、それが起業だと考えている人が多いです。しかも、驚くほど多いのです。

この記事を読めば、あなたは本来すべき起業と、その手順を知ることができます。「なんだ」といわないでください。たったこれだけですが、起業後に大きな違いになります。つまり経営もスムーズになるのです。時間がないという方も、ぜひチェックしてください。そういう話です。

この記事でわかること

自分のルールを作る。
ルールを守ればできるという、
ルールなら、盤石。

自分のルールを作るということです。そして、あなた自身の中に、「ルールを守ればできる」というルールにするのです。これができれば、あなたのビジネスは盤石です。

たとえ、たった一人で起業しても、知識がない状態で起業しても、資金が乏しい中で起業しても、経験などまったくない状態で起業しても、あなたは、あなたのビジネスで成果を上げることができるでしょう。


スムーズな起業は、スムーズな経営につなげなくてはいけません。いや、どちらかというと、スムーズな起業は、スムーズな経営に自然と流れるといったほうがいいでしょう。ですから、ここでも経営を視野に入れて手順を組み合わせなければいけないのです。

あなたはなぜ起業しようとしているのか?

最初にはっきりさせなくてはいけないのは、起業の動機です。動機がないということはまずありえません。しかし、大半の個人ビジネスの方は、これを無視します。というより、個人だからと軽視します。

不思議に思うかもしれませんが、動機はそのまま、起業の目的になります。さらに言えば、それはコンセプトになります。そして、あなたは起業から、経営までを支える元になる大きな力を得ます。

それをゴミ箱に捨てて、すっかり忘れて、起業をする人が多いのです。これでは成功するものも失敗するのも仕方がないことです。

起業の動機はあなたがビジネスをする上で、信念であり、情熱になるものです。特に起業時には、それは大きな力になります。もしあなたが、未経験で知識も乏しいなら、起業の動機ほど大切なものはないといっても大げさではありません。

起業の動機があやふやでは、何をやっても「適当に済ませてしまうでしょう」、そんな状態で起業すれば・・・ちょっとした風が吹いただけで、あなたのビジネスは、三匹の子豚に出る「わらの家」よりも簡単に吹き飛んでしまうでしょう。

私たちMiMa-promotionは。あなたがそうした起業を望んでいるとは思えません。

しかし、実際は、起業を考えている大半の人が、そうしたあやふやな起業をしているのです。「なんとなく自分にできそうだから・・・」「書籍やネットに書かれているようにやってみて、そのまま続けているだけ。」などの理由で起業した人達です。

うまくいきそうでも、いずれ経営で破綻してしまいます。必ずといっていいほど。

もちろん、趣味から始めて、経営もスムーズになってきたという人はいます。けれどもそうした人は必ず、どこかで方向修正(つまり、自分が何をしたいのかをはっきりさせる時間を作った人)をしているのです。起業の動機の重要性に気が付いた人たちです。

起業の動機は、単純でも構いません。シンプルでも構いません。でも、そこには「情熱が持てる」動機が必要なのです。「ビジネスを成功させたい」という強い意志が必要なのです。

すごく極端な言い方をすれば、「使命感」と表現することができるものを持つということです。

自分らしいビジネスモデルを設計する

起業の動機をはっきりさせました。次にすべきは、「アイデアを盛り込む」ことです。これは起業だけに限りませんが、「あなたのビジネスには必ず、競合にはないアイデアが必要である」ということです。

アイデアと聞くと「才能がある人しか出せない」「そういう閃きはセンスがある人だけ」と考えてしまいます。ですが実際に成果を上げた人が、ほかの人より、才能があり、センスがあったのかといえば、そうではありません。逆にほかの人より劣っていると思うような人さえいるくらいです。

もしあなたが、才能やセンスがないということで、人を頼ったビジネスで起業するなら、最初こそ、うまくいきそうでも、その先、つまり継続させることは簡単ではないでしょう。そこでまた、違う人を頼れば・・・・・あなたはビジネスの方向をいろいろ変えてしまうことになるでしょう。あなたのビジネスですが、ほかの人が運営するビジネスになってしまいます(あなたはいなくてもいいということです)。

そうしたビジネスは、お客さんから信頼されることはありません。最後の手段「安売り」しかできないビジネスになってしまいます。結末は、借金だらけになります。嘘みたいですが、よくある話です。

嘘みたいな話だと思うでしょうが、「金太郎あめのごとく、よく似たお店(ネットなら、ホームページやネットショップ)を見かけることが非常に多いでしょ。さらに言えば、「宣伝文句」「ポップまで同じ」ということもよく見かけるのです。

確かに「成功者を真似る」というのは有効な学びの手段です。でも、それは「まずやってみる」段階までです。起業時のヒントにするところまでです。

もうお分かりですね、「守破離」の「守」こそ、成功者に学ぶということに共通して言えるのです。そして、アイデアとは、「破」であり「離」です。「守」だけでは起業してもうまくはいきません。

アイデアと聞くと、多くの人が、「すごい閃き」と考えます。そして、才能やセンスがある人の特権のように考えます。そうした面が全くないとはいいません。しかし、多くのアイデアは、「既存のものをどう組み合わせるか?」で十分にアイデアになります。つまり、アイデアとは、組み合わせの新しさです。誰でもできるのです。

もう一つ、アイデアを出す方法は、あなたの経験を使うことです。

アイデアを出すことは慣れるまでは大変です。ですが、誰にでもできることです。そして、起業するあなたのビジネスには、起業時から、アイデアを掲げている必要があります。

計画をたてる

これも常識的な話です。「計画を立てよう」というのは多くの成功者が実際にしていることであり、実践したことです。

ですが、個人でビジネスをしている人は、起業時だけでなく、経営においても、「計画」を立てない人のほうが圧倒的に多いのです。

なぜ計画を立てないのか?その理由で最も多いのは、「どうせ一人だから、自分の頭に入っていればいい」ということです。ですが、大抵の人は自分をコントロールする、自分を管理するのは簡単ではありません。もちろん、こうして文章を書いている私たちもそれは同じです。

ですから、事前に計画をたてて、「コントロールしてもらう」のです。「管理」してもらうのです。あなたの監視役こそ、「計画」です。

計画を立てる最も効果的なタイミングは「起業時」です。これは間違いありません。起業に計画を立てる理由は以下の点です。

  • 起業時から計画を立てると習慣になりやすい。
  • 起業時から時間を意識して行動ができる。
  • 起業時だからこそ、理想的な計画が立てられる。

起業時というのは、人間で言えば、「生まれたての赤ちゃん」です。

想像してみてください。「おぎゃ~」といった瞬間に、人を感動させるような音階で泣く子はいないのです(あの有名なベートーベンもあなたと同じように『おぎゃ』だったということです・・・多分)。

起業時こそ、「計画を立てる最良のタイミング」なのです。

もうお分かりですね。計画を立てるとは、「今日やるべきことを決める」ということです。ですから、起業時が最も適したタイミングなんです。

必要な準備をする

あなたのビジネスの全容が明らかになってきました。起業はもう目前です。でも、まだ、慌ててはいけません。なぜなら、「万全の準備」をしたほうがいいのです(完璧という意味ではないですよ)。

やりはじめて、あれも足りない、これも足りないってことが起これば、それだけ時間がかかります。お金もかかります。何より、「イライラの原因」になります。何より、「自分には向いていない」と考えてしまいます。もちろんそんなことはありません。準備が足りないだけです。

起業に躓くと、起業してからも、同じように考えてしまいます。何かにつけて、あなたは「問題」にしてしまいます。問題が増えれば、時間がかかります。解決のためのお金も必要になります。何より、あなたは、「自分に自信が持てなくなる」でしょう。もったいないことです。

落ち着いて、確実に起業を進めるには、準備が必要です。箇条書きにして、何をどう準備するかをしっかり明記して準備を始めましょう。

ここで一つ伝えておきたいことがあります。

準備をしていれば、「これはこういうものが理想。でも、今、これを用意するには時間がかかる。」「これを身に着けるには時間がかかる」なんて項目があれば、「捨てる勇気」も必要です。

代替品がないか身の回りを探してください。「今あるものでできないか工夫をしてください。」これがベストな準備です。

完璧なことはありません。ですが、理想的な準備はあります。準備とは、理想の状態にすることです。たったこれだけで、あなたの起業はぐっとスムーズになります。

投稿が見つかりませんでした。

年収1000万円ネットビジネス構築ガイド

知識ゼロ、経験ゼロ、資金ゼロで起業したい方へ
完全無料!成果が出ても一銭もいただきません。

ネットビジネスで起業するのは、ここ数年でとても簡単になりました。ですが、成果を出すことは、ますます難しくなってきています。簡単に始められるということは、競合もどんどん増えているということです。

この資料は、ビジネスの基本に基づき、この状況から抜け出し、成果を上げられるネットビジネスを作るうえで必要なことをまとめたものです。しかも、わずか2週間で、それを身に着けることができます。